残された家族に必要なもの

生きていく中で、必要不可欠なのが家族のために備える保険です。それがあるのとないのではどう変わるのかを見ていきましょう。

保険の見直しをするのとしないで変わるのか

見直しをする

保険の見直しは、結婚や家族が増えたりするなどライフスタイルの変化の度に必要です。それは、誰もが同じ人生がずっと続いていくとは限らないからだといえます。保険相談窓口などを利用して保険の見直しをする時期は、結婚や出産などの変化がある時期にされる傾向があるようです。

見直しをしない

ライフスタイルに変化があったというのに、保険の見直しをしていないと本来の保険の役割を果たせない可能性があります。例えば、子どもがいるのに保障内容は独身の時のままであれば、保障額が少額で残された家族の生活が厳しくなることもあります。これから保険に入る人は、保険比較サイトの口コミを参考に良い保険を見つけると良いですね。

保険相談ショップを探すなら口コミサイトや保険加入の利点をチェック

相談

保険の役割とは

保険にまだ加入していない、もしくはなぜ保険が必要なのかわからない人もいるでしょう。まずは保険の役割を知る必要がありますね。保険の役割とは、万が一の事故や病気に備えるためのものです。例えば自転車保険が代表としてあげられます。自転車は何の装備もせず乗るのに対して公道を走るため、大変危険のリスクがある乗り物です。それらのリスクから守ってくれるのが自転車保険と言えるでしょう。自転車保険はいろいろな保険会社で販売されていますが、ドンキの自転車保険も人気があります。

保険の加入方法

自転車保険の加入したい場合は、各保険会社に手続き依頼することで加入することもできます。さらに便利なのがネットからも申し込みが出来るタイプです。自分に合った保険加入の方法で加入するとよいです。

保険のおかげで安心できること

家族の万が一の時の備えになる

入院費や一家の大黒柱が死亡した時など、大きなお金がすぐに必要になった場合、保険に加入していることで出費をまかなうことができます。こういった万が一の時は、気が動転しているからこそ、備えておかれているのはとても安心できるでしょう。

貯金でまかなえない入院や手術費用が支払える

コツコツと貯金を頑張っていても、一度大きな出費があると直ぐに減ってしまうものです。経済的ダメージを軽減するために、保険に加入しておくと助かります。

控除になるから得

保険は所得控除に入ります。控除を受けることで、年間払っていた所得税の払い戻しを受けることができるのです。

人生プランが明確になる

保険に入ることで人生設計が明確になり、その後の人生がゆとりと余裕のあるプランを計画できるようになります。将来の見えない不安を安心にかえるためにも入れば安心だと言えるでしょう。

相続時に便利

生命保険などに加入している場合、相続税対策で有効的です。ある一定の金額であれば、相続税の非課税対象になるので、保険に入っていると節税につながることもあります。

広告募集中